外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】1975年に強盗殺人罪で死刑判決を受け、服役していた米オハイオ州の黒人男性2人が21日、有罪認定の取り消しを受けて39年ぶりに自由の身となった。法曹関係者は、ぬれぎぬによる刑期が最も長い服役者だったとしている。

共同通信