外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米中西部オハイオ州クリーブランド市で2014年、白人警官がエアガンを持っていた黒人少年=当時(12)=を射殺した事件で、市が600万ドル(約6億7千万円)を支払うことで遺族側と25日、和解が成立した。AP通信が報じた。遺族側が市側に民事訴訟を起こしていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信