外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国防総省は22日、最新鋭ステルス戦闘機F35のエンジン部品に亀裂が見つかったため、米軍が運用する全てのF35の飛行を一時停止すると発表した。F35は日本も航空自衛隊の次期主力戦闘機として購入する予定で、今後の調達計画への影響が懸念される。亀裂は空軍仕様のF351機のエンジンのブレードと呼ばれる羽根の部分から定期検査で見つかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信