外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】パネッタ米国防長官は18日、ワシントンで講演し、最新鋭ステルス戦闘機F35を2017年に米軍岩国基地(山口県岩国市)へ配備する方針を示した。実現すれば米国外の基地にF35を配備する初のケース。軍備増強を続ける中国をにらんだアジア太平洋地域重視の国防戦略の一環。岩国基地には海兵隊のFA18戦闘攻撃機が配備されており、これをF35Bに更新するとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信