外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ニューヨークの連邦地検は9日、世界各地のコンピューター400万台以上に不正侵入し、インターネット広告収入1400万ドルを違法に得ていたとして、エストニア人6人とロシア人1人を詐欺やコンピューター侵入などの共謀罪で起訴したと発表した。地検によると、被害を受けたコンピューターはNASAなど米政府機関も含まれる。地検は被害は100カ国以上に及んだとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信