ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

精神分析医との面会告白

 【ローマ共同】ローマ法王フランシスコ(80)が出身地のアルゼンチンで聖職に就いていた42歳の時、半年にわたりユダヤ人の女性精神分析医と面会していたことが明らかになった。近日発行されるフランス人社会学者の新著でのインタビューで、法王が打ち明けた。イタリア紙スタンパなどが2日までに報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。