外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本ハムの糸井嘉男外野手(31)、八木智哉投手(29)とオリックスの木佐貫洋投手(32)、大引啓次内野手(28)、赤田将吾外野手(32)の2対3のトレードが成立し、23日に両球団から発表された。先発投手と故障者などを抱える内野手の補強を狙う日本ハムと、中軸が打てる外野手と先発できる左腕を求める両球団の思惑が合致。糸井は2009年から4年連続で打率3割をマークし、3月のWBC日本代表候補にも選出。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信