外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省近畿地方整備局は6日、昨年9月の紀伊半島豪雨でできた奈良県五條市と同県十津川村の土砂ダム2カ所について「土石流発生の危険性は低い」などとする事実上の安全宣言を県や市、村に通知した。紀伊半島豪雨では、奈良、和歌山両県の計5カ所の土砂ダムで決壊の恐れがあるとされ、4ダムの周辺地域が立ち入り禁止の警戒区域とされた。今回の通知で約5カ月ぶりにすべて解除される見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信