ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

紛争国への武器禁輸、議論必要

 安倍首相は12日の衆院予算委で、武器輸出三原則で紛争当事国を禁輸対象としていることについて見直しも含め議論が必要との認識を示した。「どの国も紛争当事国となる恐れを排除できるのかという問題について、現実と向き合い検討すべきだ」と述べた。空自の次期主力戦闘機F35に関し、三原則の例外扱いとし日本企業が部品製造に参入することに対し「その道を放棄すると責任を持って国民の生命、財産を防衛できない」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。