外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1999年の暴力団組員殺害事件で、殺人罪に問われた仙台市の無職菅田伸也被告(33)の区分審理裁判員裁判で、仙台地裁の鈴木信行裁判長は6日、無罪の部分判決を言い渡した。この事件では9月にも、仙台地裁が元少年(32)に無罪判決を出している。起訴された3人のうち、首謀した笹本智之受刑者(37)を除き、殺害の実行役とされた2人が共に無罪という異例の展開となった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信