外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は29日、デルタ機爆破テロ未遂事件の発生要因の一つに「組織的な不手際があった」と述べ、司法当局などのテロ警戒態勢を見直す考えを示した。休暇先で声明を発表した。大統領は、ナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23)について、不安を抱いた父親からの通報が数週間前に情報機関に届いていたが、情報が共有されなかったことを認めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信