外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経団連の米倉弘昌会長は3日、共同通信などとのインタビューで次期会長人事について、製造業出身者を重視して人選を進める考えを示した。後任の内定は早ければ年内との見通しも明らかにした。次期会長選びは米倉氏の主導で秋ごろから本格化しそうだ。経団連会長は2期4年を務めるのが慣例で、米倉氏は4日に開く定時総会後、2期目の最終年に入る。次期会長は来年5月下旬から6月上旬に開く定時総会で正式に就任する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信