外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 経団連が2015年春闘の交渉方針を示す経営労働政策委員会報告の原案が17日、分かった。ベースアップ(ベア)に関して「賃金を引き上げる場合の選択肢の一つ」と明記し、2年連続でベアを容認する方針を表明する。安倍政権は個人消費を刺激して景気を下支えするため企業に賃上げを求めており、経団連も受け入れた形だ。

共同通信