外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 枝野幸男経済産業相は2日、東京電力福島第1原発2号機で核分裂が起きている可能性が判明したことに絡み、野田佳彦首相らへの報告が遅れたとして、経産省原子力安全・保安院の深野弘行院長を注意した。藤村修官房長官が記者会見で明らかにした。保安院は1日深夜の段階で核分裂に伴い生じるキセノン検出の可能性を把握していたにもかかわらず首相への報告は2日朝だった。政府の危機管理対応があらためて問われそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信