外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茂木経産相は30日、東電福島第1原発の汚染水問題をめぐる衆院経済産業委員会の閉会中審査で、東電福島第2原発について「福島県の皆さんの心情を考えると、他の原発と同列に扱えない」とし、福島県が求める廃炉に理解を示した。日本維新の会の小熊慎司議員の質問に答えた。実際に廃炉するかどうかは「エネルギー政策全体の検討や原子力規制委の規制基準への対応、地元意見を総合的に勘案して東電が判断すべきだ」と説明した。

共同通信