外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 連合国軍総司令部(GHQ)占領下にあった1948年~51年、死刑囚46人の刑執行前後に日本政府が作成した英文の公文書が8日までに確認され、絞首刑の執行時間は平均約14分で、最大10分程度の差があったことが判明した。国立国会図書館で文書を見つけた関西大の永田憲史准教授は「執行時間が公文書で裏付けられるのは初めて。死刑制度や絞首刑の残虐性を議論する上で貴重な資料だ」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信