外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球の統一球問題で関係者への処分として、独断で球の変更を決めたとされる日本野球機構(NPB)の下田邦夫事務局長に降格と職務停止3カ月が科されることが23日、分かった。一連の問題の責任を取って25日付で辞任する加藤良三コミッショナーは処分を受けない。

共同通信