外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】防衛省制服組トップの河野克俊統合幕僚長は12日、フィリピンの首都マニラでガズミン国防相、軍トップのイリベリ参謀総長と相次いで会談し、南シナ海で中国が進める人工島造成について「日本は力による現状変更に反対しており、懸念を持っている」との見解を伝達した。河野統幕長が共同通信に明らかにした。

共同通信