外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】アテネにあるギリシャの国立美術館で今月9日、ピカソの絵画など3点が盗まれた事件で、財政危機のギリシャ政府が進める歳出削減策の影響で警備が手薄だったためだとの批判の声が上がっている。国立美術館の112年の歴史上、初めてという盗難事件は9日未明に発生。AP通信によると、犯人らは館内の複数の警報器を作動させて警備員の注意をそらし、約7分でピカソの「女の頭部」などを額から外して盗み出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信