外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 噴火による絶滅の危機を避けようと、伊豆諸島・鳥島から安全な小笠原諸島・聟島に08年に移送し、人工飼育で巣立った特別天然記念物アホウドリのひな10羽が今月中にも聟島に「里帰り」する可能性がある。「絶海の孤島をアホウドリの楽園に」との願いは、正念場に。山階鳥類研究所は、ひなを鳥島から火山などの危険がない聟島に「引っ越し」させ、繁殖地とするプロジェクトを立ち上げた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信