外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジャカルタ共同】世界自然保護基金(WWF)インドネシアは5日までに、同国スマトラ島で絶滅危惧種のスマトラゾウが毒殺されるケースが相次いでいるとの報告書を発表した。同島では森林の乱開発で希少動物の生息域が急減。集落や農園に入り込み作物を荒らすなどした動物は、駆除の対象になっている。報告書などによると、WWFは2004年以降、中部リアウ州でスマトラゾウ129頭の死骸を調査。うち59%は毒殺が確認された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信