外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国などが絶滅危惧種に指定する昆虫が「鳥取県で捕獲した」としてネットオークションに出品されていたことが26日、鳥取県への取材で分かった。県は捕獲を原則として禁止しており、「条例に抵触する恐れがある行為」としている。県の要請を受け、既に出品は取り消された。県緑豊かな自然課によると、出品されていたのは腹面が黒や黒赤色の「コガタノゲンゴロウ」。環境省や鳥取県が絶滅危惧種に分類している。

共同通信