外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ハイデラバード共同】国際自然保護連合(IUCN)は17日、世界の絶滅危惧種が2万種を超えたとする「レッドリスト」の最新版を、インド・ハイデラバードの生物多様性条約第11回締約国会議(COP11)の会場で発表した。絶滅危惧種は前回6月の発表から400種余り増え、生息状況を評価した6万5518種のうち約31%に当たる2万219種となった。日本では、大型のタツノオトシゴの仲間「オオウミウマ」が加わった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信