外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党と日本維新の会は、東京都議選の惨敗を受け、共に執行部の責任問題を封印、早急に態勢を見直し、7月の参院選に臨む構え。日本維新共同代表の橋下徹大阪市長は辞任を否定、民主党の海江田万里代表も続投を表明したが、結果次第で進退問題に発展するのは不可避だ。一方、全勝した自民、公明両党は、態勢の緩みを警戒し引き締めを図る。橋下氏は24日、「参院選でもう一度信を問いたい」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信