外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は27日、離党する意向を正式表明した。松井一郎顧問(大阪府知事)と共に松野頼久代表に離党届を提出して受理された。大阪市役所で記者団に「国政政党から離れる。大阪の地方政治に軸足を移す」と述べ、11月の大阪府知事と大阪市長のダブル選に専念する考えを示した。橋下氏に近い「大阪系」国会議員と、非大阪系議員の間では11月の党代表選をにらみ安倍政権との距離感をめぐる路線対立が激化しており、執行部は党の分裂回避に全力を挙げる。

共同通信