外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省の「ヒト幹細胞臨床研究に関する審査委員会」は27日、理化学研究所などのチームが申請した人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使う網膜再生の臨床研究について2回目の審議を行い、承認するかどうかの判断は次回以降に先送りした。1回目は3月27日に開かれ、iPS細胞の作製段階で行う遺伝子導入の安全性などへの質問が委員から出て継続審議となった。今回はチームが提出した追加資料を基に議論した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信