外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】来年1月14日の台湾総統選の立候補受け付けが25日締め切られ、与党、国民党の現職候補、馬英九総統(61)と、最大野党、民主進歩党(民進党)の候補、蔡英文主席(55)の2強に、国民党と協力関係にあった親民党の候補、宋楚瑜主席(69)が加わり、3人が争う構図が確定した。最近の各種世論調査によると、馬総統、蔡主席がともに支持率40%前後で互角、宋主席は10%程度。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信