外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国有林の育成に出資し、木材販売収益の分配を受け取る林野庁の「緑のオーナー」制度で、元本割れのリスクの説明が不十分だったとして、出資者ら240人が国に約7億5千万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は9日、説明義務違反があったとして、85人に計約9100万円の賠償を命じた。

共同通信