外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州北部の豪雨で大きな被害が出た福岡、大分両県で18日までに罹災証明書の申請が計1800件に上っている。家屋の被害程度を証明する罹災証明書は、被災者が各種支援を受けるために必要な書類。自治体側は発行を急ぎ、生活再建を後押ししたい考え。発生から19日で2週間となる中、依然約800人が避難を続けており、福岡県では仮設住宅の着工にも取り掛かる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信