外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の発生後、建物が壊れたことを示す罹災証明の発行開始まで1カ月半、被災者生活再建支援金も申請から支給まで平均100日超かかった自治体があったことが1日、総務省の調査で分かった。罹災証明に法的根拠がなく、被害調査の方法が統一されていないのが主な要因。同省は、今後の災害で被災者支援に遅れが出ないよう、内閣府など6府省に改善勧告した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信