外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ダウン症など胎児の染色体異常の有無を調べる羊水検査の実施件数が、2012年は前年より約4千件増の約2万件で、10年前と比べ倍増したことが21日、国立成育医療研究センター(東京)の左合治彦副院長らの調査で分かった。妊婦から採血し、胎児の染色体異常の確率を算出する母体血清マーカー検査も2万2千件超で、データがある1998年以降最多となった。高齢妊娠・出産の増加で出生前診断への関心が高まったことが背景。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信