外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 群馬大病院は18日、第1外科で十二指腸の腫瘍を摘出する手術を受けた50代の男性患者が術後に容体が悪化し、今年2月に死亡したと発表した。病院はミスがあったと認め、遺族に謝罪した。

共同通信