外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 将棋の第60期王座戦5番勝負の第4局は3日から神奈川県秦野市で指され、千日手指し直しの末、4日午前2時2分、挑戦者で先手の羽生善治2冠(42)が147手で渡辺明王座(28)を破り、対戦成績3勝1敗でタイトルを奪回、通算20期目の王座を獲得した。同一タイトルの20期獲得は、故大山康晴15世名人の王将戦通算20期に並ぶ最多記録。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信