外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 将棋の第61期王座戦5番勝負の第5局は21日、甲府市で指され、先手の羽生善治王座(43)が103手で挑戦者の中村太地六段(25)を破り、対戦成績3勝2敗でタイトルを防衛、通算21期目の王座を獲得した。

共同通信