ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

羽生、SP世界歴代最高で首位

 【ケント(米ワシントン州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカが19日、シアトル近郊のケントで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で昨季世界選手権銅メダリストの17歳、羽生結弦(宮城・東北高)が世界歴代最高の95・07点をマークし、トップに立った。小塚崇彦(トヨタ自動車)が85・32点で2位、町田樹(関大)は75・78点で4位につけた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。