外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げ、反対運動の象徴的存在だった沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が8日午後6時43分、膵がんのため死去した。67歳。葬儀・告別式は未定。那覇市出身。翁長氏は普天間飛行場の辺野古移設を巡り、7月に埋め立て承認撤回方針を表明しており、9日に県が沖縄防衛局から弁明を聞く聴聞が実施される。死去は移設問題に大きく影響する可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信