ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

習新総書記、対日強硬姿勢を示唆

 【北京共同】中国共産党トップの総書記に選出された習近平国家副主席は15日の内外メディア向けの会見で「近代以降、われわれの民族はしばしば苦難を味わった」とした上で「歴史のバトンを受け継ぐ」と述べた。日本の侵略戦争の歴史などを念頭に、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領土問題などで、今後も強硬な対日姿勢を続ける考えを示唆したものだ。習氏は「中華民族の偉大な復興実現のため引き続き努力奮闘する」と強調。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。