【北京共同】新華社電によると、中国の習近平国家主席は14日、ソウルから北京入りしたポンペオ米国務長官と会談し、米朝首脳会談について「朝鮮半島の核問題を政治的に解決するプロセスの重要な一歩」と評価し、祝意を表明した。習氏が米朝首脳会談後に公に発言するのは初めて。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。