外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 生活保護制度の見直しに伴い、原則70歳以上の高齢者に支給していた「老齢加算」を2006年に全廃したのは違憲だとして、東京都内の男女11人が3市7区の減額決定の取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は28日、原告側の上告を棄却した。原告敗訴が確定した。老齢加算廃止をめぐる訴訟で最高裁の判決は初めて。判決は「厚生労働相の判断に誤りはない」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信