外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本県天草市などは5日、市内の白亜紀後期(約8千万年前)の地層から、大型肉食恐竜の歯の化石が見つかったと発表した。ティラノサウルス科に似た特徴があり、推定で全長7メートル超。県内ではより古い複数の地層から異なる種類の肉食恐竜の化石が発見されている。市などは「九州で多様な肉食恐竜が長い期間、生息していたことを示す」と説明している。

共同通信