外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 本人が拒否していなければ家族の承諾で脳死判定と臓器提供が可能になった改正臓器移植法。改正法に基づく初のケースで両肺を提供され、8月に岡山大病院(岡山市)で移植を受けた20代男性が16日までに共同通信の単独取材に応じ「素直にありがとうと言うしかない。ドナー(提供者)の両親の決断はすごいと思う」などと提供者家族への思いを語った。男性は約3年前に待機患者として登録した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信