外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 肺腺がんの原因となる異常な遺伝子を発見したと、国内外の3チームが12日付の米科学誌ネイチャーメディシン電子版に同時発表した。甲状腺がんなどの治療薬の中に、この遺伝子によるがん抑制に有効なものがあるという。発見されたのは「KIF5B―RET融合遺伝子」。別々に研究していた(1)がん研究会や自治医大など(2)国立がん研究センターなど(3)米国の研究所や名古屋市立大など―の3チームが発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信