外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 がん治療の中核となる病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)」は23日付で、胃がんなど5種類のがんについて、28の病院別に治療から5年後の生存率を公表した。胃がんでは56~80%などとばらつきがあるが、がんの進行度で成績に大きな違いが出るため、「生存率の数字だけで病院を選択しないでほしい」と注意を促している。データの公表はがん医療の均質化などに役立てるのが狙い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信