ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

脱法ハーブ使用、中高生は自由?

 若者を中心に乱用が社会問題化している脱法ハーブをめぐり、民間団体「日本薬物対策協会」(東京)が実施した首都圏の中高生約6千人の意識調査で、13・2%が「使用するかの判断は個人の自由」と回答したことが19日、分かった。0・6%に当たる37人が実際に「試したことがある」と答えた。法規制の網がかからない脱法ハーブはインターネットや店頭などで容易に入手できるため抵抗感が少ないことが背景にある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。