ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

脱法ハーブ死亡事故で懲役11年

 愛知県春日井市の市道で脱法ハーブを吸って車を運転し、女子高生をはねて死亡させたとして、危険運転致死と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた会社役員堀田裕也被告(31)の裁判員裁判で、名古屋地裁(松田俊哉裁判長)は10日、懲役11年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。脱法ハーブの影響による交通死亡事故で、運転手に危険運転致死罪が適用されたケースの初判決。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。