外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 腹痛や下痢、血便などを起こす炎症性の腸の病気が発症するのを防ぐタンパク質を神戸大の的崎尚教授(生化学)のチームがマウスで解明し、20日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

共同通信