外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 群馬大病院は14日、2010年以降、第2外科の同一医師が腹腔鏡を使って肝臓切除手術をした患者8人が、術後4カ月未満で死亡したと発表した。8人が受けたのは難易度の高い保険適用外の手術で、事前に院内の倫理審査が必要だが、執刀医らは病院に申請していなかった。

共同通信