外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 脳死患者から07年に膵臓と腎臓を提供され、移植を受けた大阪府の40代女性が13日、大阪大病院(大阪府吹田市)で男児を出産した。同病院は、脳死による臓器提供を受けた女性が出産するのは国内で初めてとしている。同病院によると、母子ともに元気で、女性は「ドナー(提供者)の方やご家族に感謝している。脳死臓器移植がなかったら新しい生命の誕生に至らなかった」とコメントしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信