外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災を機に開局され、今も放送を続ける岩手、宮城、福島3県の臨時災害FM18局のうち半数以上にあたる11局が、地域情報を発信する恒久的なコミュニティーFMに移行する予定であることが19日、各局への取材で分かった。きめ細かな生活情報を引き続き提供し、復興に向けて離散した住民をつなぐ役割も果たすためだ。ただ、資金やスタッフの確保に苦労し、移行を断念した局もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信