外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 10月に大阪地裁であった強制わいせつ致傷事件の裁判員裁判で、男性被告(47)が捜査段階で容疑を認めて書いたとされる「自供書」について、判決が「作成の際に警察官からの示唆があったとみるのが自然だ」と誘導の可能性を指摘していたことが29日、弁護側への取材で分かった。被告を取り調べた大阪府警の巡査部長(44)は裁判の証人尋問で誘導を否定しており、弁護側は先月25日、偽証容疑で大阪地検に告発した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信